女性の体臭予防!すそわきが、ホットフラッシュ

josei

すそわきがに悩んでいる方も多いかと思います。すそわきがは女性ホルモンと深い関係があります。

女性ホルモンは汗腺、皮脂腺の働きをコントロールしていて、生理前女性ホルモンの影響により皮脂分泌が活発化して、皮脂腺に脂が詰まることで、酸化し臭ってきます。生理中は陰部の汗で下着も蒸れて、雑菌が繁殖し臭いのもとになります。

シャワーなどで清潔にして対策してください。生理中はナプキンを少なくても3時間を目安にこまめに交換しましょう。下着は通気性がいいものを選ぶのがポイントです。

 

更年期障害のホットフラッシュが臭いの原因に?

更年期障害の症状で、とても一般的なものが「ホットフラッシュ」です。これは周囲の環境関係なく、のぼせや発汗などの症状が突然出る更年期特有の症状です。

ホットフラッシュにより、自律神経バランスが崩れてかいた汗にはアンモニア臭があったりします。サプリメントなどでホットフラッシュを予防し体臭を抑えられないか検討してみましょう。

ホットフラッシュとは

 

食事で体臭対策

臭いを防ぐためにはバランスの良い食事をとりましょう。大豆などイソフラボンをたくさん含む食品をとれば、鉄分が外に流れにくくなって体臭予防効果が期待できます。

無理な食事制限では体臭や口臭が出ることがあります。原因はカロリーを抑えた食事により基礎代謝がさがることです。エネルギーを消費できにくくなり、その結果、体内で乳酸が作られ、汗で外に排出されるときアンモニア臭がしてしまうのです。

 

香水での体臭対策はやり過ぎ注意

臭い対策に香水を使う手段もあり、気に入った香水を身に着けるのは楽しいですが、つけ過ぎにより、体臭と混ざりかえって不快な臭いになることもありますから、注意しましょう。

保存

体臭を減らしたいなら普段の食事を見直す

sarada

体臭で悩んでいる人は食生活はどうですか?昔は和食を食べていましたが、今では欧米化が浸透して、ハンバーガーやファストフードなどをよく食べる様になったという方は多いはずです。

しかし、体臭・わきがに悩んでいるなら食生活をみなした方がよさそうです。ここでは体臭と食事について解説します。

 

食事で体臭が変わる理由

体臭の原因に必ず関わるのが皮脂です。本来皮脂というのは皮膚の状態を整えたり外部からの刺激を軽減させてくれたりする必要なものでもあるのですが、皮脂は皮膚の常在菌のえさにもなります。皮脂が増えるという事はそれだけ常在菌に分解された時の臭いが強くなるという事でもあります。

ですから体臭が心配な人は皮脂の量は気にしないといけません。この皮脂の量ですが食事に強く影響を受けます。皮脂の成分は中性脂肪です。この皮脂の分泌は日ごろの食事によって変わります。中性脂肪を蓄える原因になるのは糖質を摂りすぎた時です。

人間は食べる事によりエネルギーを作り出しますが、糖質が多すぎて消費できなくなると余った分は皮下脂肪やコレストロールなどの中性脂肪として体に蓄えられていきます。

ただ単に蓄えられるだけなら、皮脂の分泌に大きな影響はないのですが、糖質とともに肉や乳製品などの動物性のたんぱく質や動物性脂肪を一緒に摂ると、皮脂の分泌量が多くなります。

 

野菜をしっかりと摂ること

野菜を摂取する事は特に重要になりますが、中でも皮脂分泌を抑える栄養素としてはビタミンB群です。またこのビタミンB群は糖質を代謝する事により消費させる働きがあります。

ビタミンB群の大きな特徴としては体内での生成ができない点と体内に蓄えておけない事です。したがって糖質と動物性脂肪、動物性のたんぱく質ばかり摂取して、野菜が足りない事になると、ビタミンB群を十分量摂取できません。

皮脂を抑えてくれるビタミンB群が糖質を代謝する事に多く使われる事になり、皮脂の分泌を減らす事ができません。体臭に関わる皮脂を抑えるには、乳製品や肉を食べる時に野菜も一緒に摂る事が重要なのです。

頭・足・体幹の体臭の原因は?わきがや加齢臭の違いを解説

頭・足・体幹の体臭の原因は?わきがや加齢臭の違いを解説

kareishu

一口に体臭と言っても体臭には色んな種類があります。これから一つ一つ説明していきたいと思います。

 

体臭は場所によって臭いの種類も違う?

体臭は場所によって様々な種類があります。

まず、「脇」の体臭についてです。これはいわゆる「ワキガ」というやつです。この脇からくる臭いというのは、「お酢」のような酸っぱい臭いです。非常に鼻につく臭いです。

次に、「頭」からくる体臭についてです。これは油っぽい臭いです。元より顔や頭というのは油が溜まりやすい部位です。なので油っぽい臭いになります。

次が、「体幹」の臭いです。これはあまり気になるような臭いではないです。一般的には草のような臭いと言われています。

そして最後に、「足」の臭いです。この足からくる臭いは、体の中で脇に次ぐ、強力な臭いと言えるでしょう。人によってはプーンとしたなんとも言えない臭い、強いて言うなら腐った納豆のような臭いがします。

 

加齢による体臭の変化について

加齢による体臭、いわゆる「加齢臭」です。

一般的には30歳を超えた辺りから、それまでとは違う臭いに変化していくと言われています。また体臭の種類、場所は歳を取るにつれ変化していきます。そして変化する度にきつい臭いに変化するケースが多いです。

一番、臭いが優しいのは10代から20代です。この年代の体臭の発生場所は「両脇」です。「ワキガ」の人だと臭いはきついですが、平均的にはそこまでの臭いはしない年代です。

参照:わきがの治し方

それに比べて変化が現れるのは30代以降です。この年代では、両脇の体臭に加え、頭からも臭うようになってきます。そしてこれに加え、独特な加齢臭がプラスされます。

この年代では加齢臭の他にも、よく、「脂ぎった臭い」も漂ってくると聞いた事があると思います。この臭いの発生場所は「頭」です。この年代では頭の臭いはきついです。むしろ両脇よりも強いです。

女性よりも男性の方がより強く臭いが出るので、「おじさんは臭いがきつい」というのは、頭からくる臭いが一番大きな原因だったのです。